木材生産

マルカ林業では年間およそ10ヘクタール、5,000㎥程度の木材生産を皆伐によって行っています。

弊社山林の位置する紀伊半島深部は地形が急峻なため、山腹に道路を開設することが非常に困難です。木材の伐採搬出に際しては、尾根筋にある林道のそばに土場を設け、大規模な林業架線による集材が中心となっています。

 


比較的傾斜が緩やかな山林では森林作業道を開設して、手入れと収穫を兼ねた搬出間伐を行っています。

間伐によって林木の価値を高めるだけでなく、作業道を利用して製炭用材の生産や寺社仏閣用材の択伐など、特殊な材を随時生産可能な山林の育成をめざしています。

  


近年では、これまで手の入らなかった山林に林業専用道を開設することで、新たな伐採事業地も拡大しています。

この専用道をベースに土場を設けて架線集材を行い、あるいは森林作業道を開設して択伐や搬出間伐を行うことが可能になるなど、生産力のある山林が増加しています。

さらには道ができることで間伐や保育作業のためのアクセスも容易になるため、伐採後の更新や森林管理にも有利になります。